婚約指輪が欲しいけど言えない!彼に欲しいと伝える方法とは?

女性にとって婚約指輪を貰うことは憧れの一つでもあります!しかし、婚約指輪を買ってとはなかなか言い出しにくいもの。そこで、どうやって婚約指輪を買ってもらったのか、みんなの体験談と指輪の勉強もしていきながら、彼から婚約指輪を貰ってしまいましょう!

再婚してもやっぱり婚約指輪は欲しい!

再婚してなおかつ婚約指輪をもらった女性に話を聞いてみました。

 

また、結婚式は2回目はどうしたのか、挙げた人はその話も聞きました。

 

バツイチって言葉流行りましたけど、今は結構死語ですよね。

 

f:id:svam6479:20170412011546p:plain

再婚した私がもらった婚約指輪は、少しデザインのある指輪

 

一度目の時は若かったし、お金もそこまでありませんでしたので、婚約指輪はありませんでした。

 

私はやっぱり欲しかったですが、相手の親がそこにお金をかける必要がない、どこにつけていくんだとおしきられ、あきらめました。

 

結婚指輪はシンプルなものを選んだと思います。

 

今回、1回目が婚約指輪なかったので、もらえたらうれしな、と思ってはいたけれど、口にすることはしませんでした。

 

私も2回目ということで、あれこれと焦ることも、がっつくこともなかったです。彼が指輪、僕は全く分からないから、勝手に買ってくるよりも、私の好きなところ、気に入っているものにした方がいいから、一緒に行こうという話になりました。

 

正直頭になかったので、急いで調べました。

 

2ブランドくらいにしぼり、あとは2人で決めようと思って見に行きました。

 

デザインは1度目(結婚指輪)とはやっぱり全く違うものにしたく、選びました。

 

よく見るデザインではなく、少し変形のあるものにしました。

 

どうかなと思っていた婚約指輪も、当たり前のように買ってくれました。


1回目のときより、指輪に込められた意味、デザイン、しっかり考えたように思います。

 

1回目はただただ、舞い上がって買った気がします。

 

そのせいか、何年たっても、指輪に見とれます。


指輪を見て、反省したり、うれしく思ったりできます。

 

 

f:id:svam6479:20170412012302p:plain

再婚した私がもらった婚約指輪は、「ティファニー」のあまり高くない指輪

 

1回目の結婚のときには、70万近くする婚約指輪を貰いました。

 

当時の旦那さんは、大企業に勤めていて、家事なども手伝ってくれる自慢の旦那さんでした。

 

しかし、結婚後に、どんどん価値観が合わなくなり、最終的には、離婚に至りました。

 

次に付き合った男性とは、うまくいかずに、結婚には至りませんでした。

 

その次に付き合った人と、波長も合い、お互いバツイチ同士で、価値観も合い、結婚をすることになりました。

 

結婚式は挙げました。私は一度挙げていたので迷いましたが、彼は元嫁と、結婚式を挙げてなかったそうだったので、挙げることにしました。

 

次に、婚約指輪を選びにいきました。

 

2人とも、初めてではなかったので、変な感じがしましたが、婚約指輪を買って貰いました。

 

一緒に買いにいきました。ティファニーの婚約指輪で、あまり高くないものにしました。

 

それでも、30万円はしましたね。2回目の指輪でも、すごく嬉しかったです。

 

結婚式も、挙げてよかったと思います。

 

親戚や、友達を、呼ぶので、少し気まずかったですが、実際に終わってみると、周りからの優しいお言葉も、頂いたりして、すごく嬉しかったです。

 

お互いバツイチですが、子供がいたらまた違う人生だっただろうと思います。

再婚した女性がもらった婚約指輪はどんな指輪?

再婚してもらった婚約指輪はどんな指輪なのか再婚女性に聞いてみました。

 

値段やデザインやブランドなど。

 

また、再婚ということで、婚約指輪について悩んだか?一度目と違って、自分の中でどんな思いがあったかなども聞きました。

 

f:id:svam6479:20170409094712p:plain

再婚した私がもらった婚約指輪は、「プラチナ土台で0.5カラット」20万の指輪です

 

最初結婚した時の婚約指輪は、いかにも婚約指輪と思わせる、大きな立爪リングの上に0.8カラットのダイヤが1つのった見た目豪華で50万円するものでした。

 

人生で1度しかない事だと思っていましたので、素敵な記念の品にしたいと思い、思い切って贅沢な指輪を買ってもらったのです。

 

ところが2度目は、やはり気持ち的に控えめになってしまったことと、婚約指輪への思いはかなり薄くなり、全く欲しくなくなってしまいました。

 

自分の気持ちの中で、結婚は凝り、婚約指輪のイメージは悪い思い出になっていたのだと思います。

 

再婚相手も再婚で、素直に自分の気持ちを話した所、前の嫌な思い出はすっかり忘れ、再スタートの意味でも新しい婚約指輪をプレゼントしたいとのことでしたので、以前の事はすっかり忘れ、新しい彼との思いでの品として受け取ろうと気持ちを改めましたので、今度は普段つけていて邪魔にならない、低い爪のダイヤの指輪を買ってもらうことに決めました。

 

最初の時は大きさと見た目の豪華さにこだわったのですが、再婚での婚約指輪選びはダイヤの品質が良く、自分の気に入った指輪を彼と一緒に見に行って買ってもらいました。

 

正直な気持ち、2度目の婚約指輪についてはかなり悩みます。

 

1度失敗した事で、良いイメージより嫌な思い出の方が強く、もういらないと強く思ってしまうのですが、やはり今となって思うのは、新しい彼と、新しい門出の思い出として、婚約指輪をもらって良かったと感じます。


結婚式は家族だけで教会でひっそりと挙げました。

 

 

f:id:svam6479:20170409095051p:plain

再婚した私がもらった婚約指輪は、「シンプルな一粒ダイヤのプラチナリング」です

 

値段は20万円くらいの物で一般的には知られていないアメリカのお店からネットオーダーしました。

 

一度目の結婚のときはまだ若かったせいもあって、婚約指輪をもらわずに結婚指輪だけだったので、2回目に結婚することになったときにどうしても一粒ダイヤの婚約指輪が欲しくて、「婚約指輪買ってくれないなら結婚はできない」とわがままを言い、買ってもらいました。


給料1か月分にも満たない婚約指輪ですが、結婚指輪もシンプルな細いものを選んで重ねて左の薬指に常につけています。


すっきりとシンプルなので、どんな服装のときも目立ちすぎずにとても気に入っています。


主人も私も二度目の結婚だったため、結婚式はひっそりと近い親戚と限られた本当に仲の良い友達だけを招待してハワイで海外挙式を選びました。

 

ゲスト全員分の旅費を負担するほどの経済的余裕はなかったので、皆実費で式に参加してくれて、そのあと新婚旅行ではなくみんなで仲良くハワイ旅行をすることにしました。


日本での挙式だとさほど親しくない友人や仕事関係者まで招待しなければならないので、海外挙式にして正解だったと思っています。