読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚約指輪が欲しいけど言えない!彼に欲しいと伝える方法とは?

女性にとって婚約指輪を貰うことは憧れの一つでもあります!しかし、婚約指輪を買ってとはなかなか言い出しにくいもの。そこで、どうやって婚約指輪を買ってもらったのか、みんなの体験談と指輪の勉強もしていきながら、彼から婚約指輪を貰ってしまいましょう!

ダイヤモンドの知名度や形・4Cなど知っておきたい知識

婚約指輪はなぜダイヤ?ダイヤモンドが人を魅了する理由

ダイヤモンドに関して知っておきたい知識

f:id:svam6479:20161222231159j:plain

 

ダイヤはラウンドだけではないと知っていますよね?

 

私もペアシェイプかハートも良いなと思いました。

 

ラウンドとハートは、ダイヤの原石が他の形より大きいものを使うために価格が高いそうです。

 

私は関西方面の出身なのかわかりませんが、丸だと他の人と一緒になってしまうから少し変わったデザインが良いなと思っていました。

 

むしろファッションリング的なものでも毎日付けられて良いかもと思ってました。

 

一番最初にこれ変わってて素敵と思ったのがこちら

f:id:svam6479:20161222231240j:plain

 

ブシュロンのミニセルパンリングです。

 

今は廃盤になってしまいましたが。。

 

私は芸術的な美しさだと思ったのですが、速攻却下されてしまいました。

 

まぁ今となっては私もわかりますよ。

 

 

 

グランサンク・世界5大ジュエラー

f:id:svam6479:20161222231345j:plain

 

ブシュロンはパリの5大宝飾ブランド(グランサンク)の一つです。

 

世界5大ジュエラーと並ぶ、グランサンクは知っていますか?

 

パリのヴァンドーム広場に集まる「メレリオ・ディ・メレー」、「ショーメ」、「モーブッサン」、「ブシュロン」、「ヴァン クリーフ&アーペル」の5社をグランサンクといいます。

 

正式には、パリのヴァンドーム広場を拠点とする店のなかでも、高級宝飾協会が認めたパリ5大宝飾店のことです。

 

世界5大ジュエラーは、「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれていて、世界トップ5のジュエリーブランドです。

 

「ハリーウィストン」、「ティファニー」、「カルティエ」、「ブルガリ」、「ヴァンクリーフ&アーペル」です。

とても有名ですよね。

 

ブシュロンはデザインがとても素敵なのです!

 

でもすごく高価です。いつかは欲しいジュエリー!

 

ちなみに私の結婚指輪はショーメのトルサードにしました。

f:id:svam6479:20161021200116j:plain

 

トルサードはパリのヴァンドーム広場のシンボルである記念柱のらせん模様をモチーフにしたデザイン。

(上の画像の真ん中にある柱のこと)

 

 

 

婚約指輪に使用されるダイヤモンドの形状

ダイヤモンドにはさまざまなカットがあります。

 

最もポピュラーなのがラウンド・ブリリアントカットです。

 

 

f:id:svam6479:20161222231825j:plain

ラウンド・ブリリアントカット

 

 

 

 

f:id:svam6479:20161222231847j:plain

ハート・ブリリアントカット

 

 

 

 

f:id:svam6479:20161222231943j:plain

プリンセスカット

 

 

 

 

 

f:id:svam6479:20161222232108j:plain

バケットカット

 

 

 

f:id:svam6479:20161222232136j:plain

エメラルドカット

 

 

 

 

 

f:id:svam6479:20161222232205j:plain

オーバル・ブリリアントカット

 

 

 

 

f:id:svam6479:20161222232238j:plain

ペアシェイプ・ブリリアントカット

 

 

 

 

 

f:id:svam6479:20161222232318j:plain

マーキス・ブリリアントカット

 

 

 

f:id:svam6479:20161222232356p:plain

クッション・カット

 

 

 

ダイヤモンドの4Cって何?

G.I.A(米国宝石学会)が定めた、カットされたダイヤモンドの品質を表す4つの要素、カット(Cut)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カラット(Carat)で構成される「品質評価国際基準」を総称して“4C”と呼ばれています。


4Cは、それぞれがダイヤモンドのクオリティを示します。それだけに、すべての項目が最高ランクのものを選びたくなるのですが、そうするととても価格が高くなってしまいます。

 

自分なりにこだわりたいポイントは何なのかをよく考えて選ぶようにしましょう。

 

アメリカでは大きさ重視のため、カラーとクラリティはそんなに重視していないようです。

とにかく1カラットは当たり前だそうです。

 

日本人はやはり質を大事にするようなので、カラーとクラリティを重視するみたいです。

私もですが、どんなに大きいダイヤでも黄色くて内包物だらけは嫌です。

 

何件も指輪を見に行ったのですが、たいがい言われることは、婚約指輪にするならカラーはFまで、クラリティはVSまで、カットはVERYGOODまでと言われました。

 

まぁあくまで基準の話なので、カラーがGでも綺麗なものはありますし、自分が良いと思ったらそれが一番良いのだと思います。