読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚約指輪が欲しいけど言えない!彼に欲しいと伝える方法とは?

女性にとって婚約指輪を貰うことは憧れの一つでもあります!しかし、婚約指輪を買ってとはなかなか言い出しにくいもの。そこで、どうやって婚約指輪を買ってもらったのか、みんなの体験談と指輪の勉強もしていきながら、彼から婚約指輪を貰ってしまいましょう!

メレやパヴェとは?婚約指輪を選ぶときに出てくるダイヤのデザイン

f:id:svam6479:20161230190225j:plain

婚約指輪を選ぶときによく聞くメレやパヴェって何?

 

婚約指輪を選ぶときによくメレダイヤがあるデザインとかパヴェが可愛いとか聞くかもしれませんが、今回はメレやパヴェなどデザインについて勉強していきます。

 

私も大学生になるまで知りませんでした。

 

婚約指輪はアーム(枠、腕)にダイヤなどの石の留め方(セッティング)の方法によって表情が変わってきます。

 

セッティング

セッティングとはダイヤモンドをアーム(枠、腕)に留める方法のことを言います。

 

セッティングには大きく分けて「立て爪」と「爪なし」があります。

 

 

立て爪

6本または4本の爪で一粒のダイヤを持ち上げ、側面からの光を取り入れやすくしているデザイン。光が入るためにダイヤ本来の綺麗さがより引き立ちます。

 

デメリットとしては爪に洋服が引っかかりやすいことです。

日常使いには不向きかもしれません。

 

 

爪なし

 

爪を使わずにダイヤを留めるセッティングの方法。

立て爪とは異なり、高さもないので日常使いしやすいのがメリットです。

 

デメリットとしては光が入らないのでダイヤが本来より小さく見えることがあるかもしれません。

 

 

 

デザイン

婚約指輪をはじめ、ジュエリーのデザインは宝石の配置の方法によって何種類かに分けられています。

 

ソリティア

ソリティアはダイヤを真ん中に一粒だけ配したデザイン

エンゲージリングの定番です。

 

 

メレ

 

メレダイヤは0.2カラット以下のダイヤのことを指します。

メレダイヤで囲んだデザインとかよく言いますよね。

この写真はサイドにメレダイヤが施してあります。

 

 

パヴェ

 

パヴェはメレダイヤを石畳みのように敷き詰めるデザインです。

パヴェはフランス語で石畳みを意味します。

とても華やかなデザインになります。