読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚約指輪が欲しいけど言えない!彼に欲しいと伝える方法とは?

女性にとって婚約指輪を貰うことは憧れの一つでもあります!しかし、婚約指輪を買ってとはなかなか言い出しにくいもの。そこで、どうやって婚約指輪を買ってもらったのか、みんなの体験談と指輪の勉強もしていきながら、彼から婚約指輪を貰ってしまいましょう!

婚約指輪をいらないと言って後悔した人はいる?みんなの体験談

f:id:svam6479:20170311222000p:plain

私が婚約指輪をいらないと言って後悔した理由は、友達は皆婚約指輪を貰っており、自慢される度に惨めな想いをする為

 

当時、旦那の年収は、200万を満たしておらず160万ほどでした。

 

生活するので手一杯な収入しか得ておらず、交際していてもお家デートやお金の掛からないものが殆どでした。

 

本来なら、安定した収入を得られるようになるまで結婚はしたくなかったのですが、その時期に妊娠してしまった為、籍だけでも先に入れることになりました。


その時、婚約指輪は欲しいか?ときかれましたが、彼の収入を考え「要らないよ、指輪だけが愛の証拠じゃないから、無くても幸せだから要らない」と断ってしまったのです。


ですが、子供が生まれ、ママ友たちと交友するに至って婚約指輪を貰ってないとついポロっと喋ってしまったのが切っ掛けで、「婚約指輪を貰ってないなんて有り得ない」「大切にされていないんだね」「私は100万以上する指輪を貰った」などと貶されました。


その時、とても悔しかったのを覚えています。


自分で要らないと断ったはずなのに、今になって、貰っておけばよかった。私も欲しいと欲が出てきてしまったのです。

 

旦那の収入はあの頃に比べ、大幅に増え、現在では生活もだいぶ楽になりましたが、入籍するときに指輪を断ってしまったせいで「やっぱり欲しいからちょうだい」と言い出せなくなってしまいました…。

 

 

f:id:svam6479:20170311222309p:plain

私が婚約指輪をいらないと言って後悔した理由は、一生で一番高価な指輪をもらえたはずなのにそれを断ってしまったから

 

私が婚約指輪をいらないと言って後悔してしまった理由は、結婚指輪はシンプル過ぎるデザインが多くて、せっかく高価でオリジナルデザイン性の高い指輪をもらえるチャンスを逃してしまったからです。

 

それに加えて、やはり周りの友達などは彼から高価な指輪とともにプロポーズをされていて、思い出が指輪と共に残っているのをうらやましいか感じたからです。

 

なぜいらないと言ってしまったのかと言うと、彼にプロポーズされた時に、彼が結婚と同時に新居を建てたいと言ったのですが口だけで家を買う頭金などは全く貯蓄もしていなかったので、それならば少しでも節約した方がいいと思って婚約指輪は断ってしまいました。

 

この時の彼の年収は介護職なのでとても低く300万に届くか届かない程度で貯金も100万円もなかったです。

 

婚約指輪をもらわずに結婚しましたが、その後彼がプログラマーに転職して年収が600万円を超えて結婚10年目のアニバーサリーに改めて彼がプロポーズと共に彼がオリジナルデザインをした私が好きなブルーダイヤをあしらった40万円程する婚約指輪をプレゼントしてくれました。