婚約指輪が欲しいけど言えない!彼に欲しいと伝える方法とは?

女性にとって婚約指輪を貰うことは憧れの一つでもあります!しかし、婚約指輪を買ってとはなかなか言い出しにくいもの。そこで、どうやって婚約指輪を買ってもらったのか、みんなの体験談と指輪の勉強もしていきながら、彼から婚約指輪を貰ってしまいましょう!

婚約指輪をエタニティーリングにして後悔した人の話を聞いてみよう

f:id:svam6479:20170314214300p:plain

婚約指輪をエタニティーリングにして後悔したのは、結婚指輪でも似たようなデザインのものを購入してしまった

 

私は幼い頃から婚約指輪に憧れていて、特に貰うなら一粒ダイヤの物が良いと思っていました。

 

しかし実際選ぶ段階になってみると、’’普段仕事をしている時でも使えるような物が良い’’や’’少し変わったデザインの物が良い’’という希望が出てきてエタニティリングが候補に上がりました。


そしてカルティエのエタニティリングを30万円程で買って頂きました。

 

当時の彼の年収は600万円程だったと思います。

 

購入したものはカルティエとしては結婚指輪として展開してある品物でしたが、それを婚約指輪として頂きました。

 

当時は営業職をしていたためお客様の前でつけていても嫌みに感じないような、それでいて上品なデザインが気に入って毎日つけていました。

 

カルティエは購入後のメンテナンスも丁寧にしてくれるため、ここで購入して良かったと思っています。


しかし結婚指輪でまた似たデザインのものを購入してしまい婚約指輪の出番が無くなり、エタニティリングを婚約指輪として選んだことを後悔しました。

 

どうせ結婚指輪でエタニティリングのような形を選ぶのであれば、婚約指輪は一粒ダイヤの目立つものにしても良かったのかなと思います。

 

 

f:id:svam6479:20170314214505p:plain

婚約指輪をエタニティーリングにして後悔したのは、何かと物にあたるところです

 

ブランド:ノーブランド 5万円くらい


当時の彼の年収:確かではありませんが800万円くらい


指輪はグルグル回るので、半分だけダイヤのついたものだと気づいたときにはダイヤの部分が内側にきてせっかくのデザインが台無しになると思い、買うなら絶対ぐるりと一周ダイヤの入ったエタニティリングだと思っていました。

 

実際つけてみてまず初めに感じた事はダイヤの分厚くなってしまうのですごく違和感があるなということです。

 

なんというか指がいつも開いている感じです。

 

そして、何かと作業するときに引っかかります。

 

友達の赤ちゃんを抱っこさせてもらうときも傷つけないか少し心配でした。

 

それでも毎日のつけていたので慣れたのですが、ある日ダイヤが一つ外れてしまったんです。

 

買ったお店が改装中でしまっていたこともありなかなか修理に出せなくて、そのままの状態でいたのですが、ダイヤを留めるツメの部分があちこちを傷つけて大変でした。

 

随分髪にも引っかかったりもしました。

 

開店まで外しいておけばよかったのですが、外すと主人との仲が悪くなるのではないかと勝手にジンクスをかけてしまい外せなかったんです。

 

オープンしてすぐに修理に出したのですが、ツメの部分がすり減っているから修理できないと言われて今もダイヤが一つ欠けた状態のままつけています。

 

その部分が表に出てきているときは少し恥ずかしです。