婚約指輪が欲しいけど言えない!彼に欲しいと伝える方法とは?

女性にとって婚約指輪を貰うことは憧れの一つでもあります!しかし、婚約指輪を買ってとはなかなか言い出しにくいもの。そこで、どうやって婚約指輪を買ってもらったのか、みんなの体験談と指輪の勉強もしていきながら、彼から婚約指輪を貰ってしまいましょう!

再婚した私がもらった婚約指輪は、「カルティエ」の0.5カラット

f:id:svam6479:20170412232656p:plain

再婚した私がもらった婚約指輪は「カルティエ」の指輪です

 

わたしは、25歳の時に再婚をしました。


2歳の子供を連れたわたしと結婚してくれるということでしたが、彼は初婚なこともあり婚約指輪の件から結婚式の件まで迷うことばかりでした。


わたしは全て2回目だからできればしたくないのです。


しかし、彼は初めてですし指輪も買ってあげるし前よりもいい結婚式にしてあげるということで、どちらもやってもらうことにしました。


まず婚約指輪は、カルティエの0.5カラットのダイヤの入った指輪でリング部分はプラチナでした。


とても女性らしいかわいい指輪でした。


気に入ったのを買ってほしいということで、婚約指輪でしたが2人で見に行きました。


ちなみに前の旦那からもらった婚約指輪は、離婚時に返却をしました。


2度目のわたしは、お店に行くまでは複雑な心境でしたが、彼が気を使ってか紛らわしてくれたこともあり、選ぶ時には楽しんで選ぶことができました。


また、結婚式に関してはわたし側の友人や招待客は一度目とほとんど同じメンツでした。


もちろん家族も同じメンツで参加をお願いしました。


周りも離婚の事情などは知っていたし、理解してくれる人たちばかりだったので、2回目の結婚式ではありましたが、相変わらず盛り上げてくれて、その場で余計な話をする人も居らずに結果的には1度目よりも良い結婚式だったと思えるものでした。

 

 

f:id:svam6479:20170412233423p:plain

再婚した私がもらった婚約指輪は、「4℃」の指輪です

 

25歳で離婚した私。36歳で再婚しました。

 

その際、一番悩んだのが婚約指輪でした。結婚指輪は一応作るとして、婚約指輪は必要かどうか。

 

再婚前、初婚の時のような浮かれた感じはなく、むしろ身が引き締まる思いだった私。婚約指輪、いらないかなーなんて考えていました。

 

ただ、夫が初婚だったこともあり、夫は婚約指輪を送りたいと強く主張。結局、貰うことにしました。価格的にはリーズナブルなものを、と念押ししましたが。。

 

色々なブランドの指輪に目移りしましたが、最終的には、夫が選んでくれた4°Cの指輪に決めました。


価格は私は知らされていないのですが、シンプルなのに存在感のある、指が美しく見えるデザインでとっても気に入っています。

 

前の婚約指輪は、ほとんどつけないまま手放してしまった私。

 

今、思うと指輪にも悪いことしました。

 

今の夫に貰った婚約指輪は、毎日大切につけています。シンプルなデザインなので、結婚指輪と重ねづけしても違和感なし。カジュアルな装いにもマッチしています。

 

結婚式も家族、親戚の30人ほどであげさせて貰いました。

 

1度目の時には分からなかった、家族の有り難さや、婚姻関係の重みを感じながらの式になりました。

 

もう、30年程になりますが、一応形通りに式をして、指輪を貰えて、有り難かったなぁって思っています。

 

 

f:id:svam6479:20170412233703p:plain

再婚した私がもらった婚約指輪は、「ティファニー」のシンプルなリング

 

私は再婚でしたが、相手は初婚でした。


プロポーズをされた後に、婚約指輪をもらいました。

 

一度目の結婚で婚約指輪をもらいましたが、そんなに付けることも無いしお金も勿体無いから私からはいらないと言っていました。

 

結婚に対してハイになる事もなかったので、婚約指輪を付けること自体に恥ずかしさもありました。

 

しかし、彼の方から気持ちだから受け取ってほしいとティファニーの指輪をもらいました。

 

プラチナのリングにダイヤが一石乗っているだけのシンプルなエンゲージリングでした。結婚指輪もティファニーでシンプルなリングを選びました。


結婚式は挙げることに抵抗がありました。

 

というのも、一度目の時に盛大に結婚式披露宴を挙げ親戚や友人達に御祝儀を頂いた手前、再度結婚式を挙げて御祝儀を頂く事を申し訳無く思っていました。

 

また、再婚のくせにと白い目で見られたらどうしようという不安もありました。

 

それでも、再婚相手のご両親からは結婚式を挙げることを強く勧められた為お互いの両親と兄弟だけを招いて結婚式を行うことにしました。

 

一度目の結婚式はウェディングドレスでの教会式でしたので、せっかくなら前回着ることができなかった白無垢を着たいと思い神社で神前式を行いました。

 

その後は神社の近くの料亭で食事会を行いました。

 

引き出物に代わる品も何点か用意しました。一度目の結婚では結婚式に対する憧れが強かったので準備に時間もかけ挙式費用もかなりかけました。

 

それに比べて二度目ともなると、余計な出費は避けたいという思いが強く費用やコスパを重視しましたが、結果として神前式はとても良い思い出となりました